占い依存症

電話占いを利用する際に注意すること

占い依存症の恐怖

私の周りでもこういう人がいるんです。

「占い依存症」 の人。

占いにハマりすぎて、信奉する占い師先生のアドバイスに頼り切ってしまっている人。

電話占いやその他占いを長年やっていると、「この先生はすごい!本物だ!」と、感じることがよくあります。

そういう先生に当たると、一回だけでは満足できずに、次も鑑定してもらいたくなりますよね。

それはいいんです。

でも、どんどんはまっていくと、最初は月に1回だったのが、週一になって、最後は毎日、電話してしまうようになってしまったら危険信号です!

もう、そうなると先生の助言がないと、何も行動ができない状態になっています。

毎月使う鑑定料も大変な額です!

それでも、占ってもらわないと、どうすることもできない状態。

それが占い依存症です。

気を付けましょうね。

いくら素晴らしい先生の鑑定でも、最終的に決断するのは自分です。

占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦の気持ちで

占いはあくまでも判断材料です。

いくら当たる占い師先生でも、あなたの行動や将来に全責任は持ってくれません。

当たり前ですが、あなたの未来は、あなたが責任を負うことです。

占いはエンターテイメントと考えて、気楽な気持ちで利用しましょう。

こんな占い師はダメ

物を買わせようとする占い師

「あなたには悪霊が取りついている」
「この御札をいつも身につけていないと大変なことになる」
とか言われて、高額な物を買わされる。
そういう先生も存在する可能性は否定できません。
物を売る・買うのが悪いとは言いませんが、あまりにも高額なものを売りつけられそうになったら、すぐに退散してください。
間違いなく悪徳占い師です。

宗教勧誘

中には新興宗教の勧誘のために占い師をやっている先生もいます。
上の物を買わせると同じで、「あなたには信仰が必要。さもないと地獄に落ちるわよ。」とか、脅しをかけてくるのが手口です。
占いに頼りたいとき、人は心が弱くなっている時です。
相手も悪気はないのでしょうが、気を付けましょうね。

余裕資金で利用しましょう

電話占いは、それなりの利用料がかかるサービスです。

だいたいの相場は、一回の鑑定につき5,000円くらい(20分くらい)でしょう。

毎日やってたら何人もの諭吉さんが飛んでいきます。

月に一回まで、とか自分のお財布に相談しながら、利用してください。

また、毎回、鑑定してもらうときに、使える予算に応じて、自分で分数を決めて、先生に伝えてください。

「今回は20分で鑑定をお願いします。」 とはっきり伝えれば、先生もその時間内・予算内でしっかりと占ってくれます。

占いが終わっても、無駄話をだらだら続けていると、どんどんお金が飛んで行ってしまいますので、注意しましょう。

「お金の話をするのは何となく嫌だな」と思う人もいるかもしれませんが、それは違います。

占い師の先生も、プロです。 プロ意識の高い先生ほど、お金をいただいて占いサービスを提供しているという意識をお持ちですので、その辺をはっきりさせることで怒る先生はいないはずです。

また、電話占いの場合、占ってもらった分を後払いで清算するところが多いですね。

後払いだからって気にせず使いすぎてはいけませんよ。

使った分は、しっかりと支払うことです。

初めての電話占い初心者マニュアル


[記事公開日]2014/02/18[最終更新日]2016/05/25

previous arrow
next arrow
Slider